名刺コラム

D-order名刺 HOME 名刺コラム 名刺の使い方とTips(その1)

名刺の使い方とTips(その1)

はじめに 名刺印刷専門サイト「D-order(どーだー)」へようこそ!
このページでは、名刺に関わる豆知識を幅広く皆様にお伝えしていくつもりです。
ご愛読の程よろしくお願いいたします。
名刺を利用する時には、様々なシチュエーション、マナー、使い方があると思います。ここでは自己紹介の必須アイテム「名刺」の様々なTipsをご紹介したいと思います。

名刺をオシャレに管理する為のアイテム「名刺ケース」に関するTips

名刺をオシャレに管理する為のアイテム「名刺ケース」に関するTips
名刺は折れ曲がったりしないように、名刺入れ等に収納して上着の内ポケットにしまう事が一般的なマナーです。
ズボンなどに入れておくと、ズボンがかさばり見た目が悪くなる場合があるので、会社の顔である営業職の方は特に注意が必要です。
また名刺入れを使用した方が、裸で名刺を持ち歩くより名刺を切らしてしまう大失態を未然に防ぐ効果もあります。
ところが、この名刺入れ、海外ブランドの革製名刺入れを購入して、出し入れがスムーズに行えなかった経験はありませんか?「名刺の歴史」でもご紹介しましたが、欧米と日本では名刺の規格サイズが違う事から稀に発生するトラブルの様です。
こういった事柄から考えると「名刺入れ」を上手に使う為には、たかが寸法と軽く考えず自社の名刺サイズを正確に把握し、そのサイズに合わせた名刺入れを用意した上、名刺もそのサイズで名刺屋さんに発注する事がビジネスマナーの第一歩になるのではないでしょうか。
※D-orderでは様々な名刺サイズに対応しています。

名刺が引き出しに散乱してしまう方へのTips

工場職で5S、6Sがもてはやされて、かなりの月日が立ちました。その中で特に重要な2S「整理・整頓」は、導入事例も日本全国かなり広がっているのではないでしょうか。ところが事務職にまで「整理・整頓」を徹底している会社は中小企業では少ないのが実情だと思います。
名刺は1枚単価が安価なため、会社が多めに配給するケースが多いようです。これでは「ムダ」も多いですし、配給した最後の1枚まで使い切るケースは稀ではないでしょうか。やはり必要な時に必要なだけ「オンデマンド」の発想で名刺の発注を見直すと「ムダ」が劇的に改善される筈です。
※D-orderでは1名様/50枚からご発注を承っております。

「このお名前なんて読むの??」難読氏名の為のTips

今後、末永くお付き合いする名刺を渡す相手のお名前は、とても大事な情報の一つです。最近はローマ字等でふりがなが記載されている名刺が増えているとは言え、「読み」がわからない名刺は世間にまだまだ存在します。その場では記憶も鮮明で会話に支障が無くても、後日、電話等で「・・・・」となった経験はないでしょうか?そんな事態に備えて、名刺に「ふりがな」「日付」等々をメモする習慣をつけるとトラブル回避に繋がります。
そこで、名刺を制作する時にメモの書き易さにこだわってみませんか?
鉛筆、ボールペン等々メモ筆記具は色々あります。ところが用紙によっては筆記用具を選んでしまう用紙があるのです。折角の貴重な情報が読めない事の無い様に、用紙にはこだわりたい所です。
但し、一つマナーとして気をつけたい事があります。一般的には、名刺にメモをする際、相手の目の前では無く、訪問先を出てから記入する事がマナーになっている事を是非覚えておいてください。やはりマナーの基本は、名刺を渡す先様のことに気を配ることが大切なことだと思います。
※D-orderでは100枚以上ご発注のお客様に用紙サンプルをプレゼント!
実際にメモしてみて、ご発注頂けます。
一覧に戻る 次の話を読む
■ 参考文献
  • 三省堂 マナー辞典